【ガチで】真鯛を熟成させた結果【美味い】

こないだ釣った真鯛を熟成させて食してみた。

かなり美味かったのでオススメしつつ、備忘録として記録を残しておこうと思ふ。

釣った真鯛はコチラになります。

この真鯛を・・・

・鱗落とし
・内臓を出す
・エラをとる
・背骨の近くにある血合いをできるだけキレイにとる
・水分を拭く
・ハラの中にキッチンペーパーを詰める
・外側もキッチンペーパーで巻く
・キッチンペーパーの上から新聞紙で巻く
・ビニール袋にできるだけ空気を抜いた状態で入れる
・冷蔵庫で熟成させる
・3〜7日後に食す!

この手順で熟成させました。

真鯛を6日に食べたんやけど、何て言うかもう・・・

『美味かった』

とだけ・・・

とりあえず刺身を・・・

身が良いカンジに柔らかく、かつ弾力も少し残っていて旨みも多い。

今まで食べた事ないぐらいの刺身をいただきましたw

前回のヒラメも熟成させたけど、今回の方が

圧倒的に美味い

違いはたった1つ!

内臓と血合いとエラを取って冷蔵庫で寝かせただけ!

食べる前に3枚におろしたってだけ。

それだけなのにこんなにも違うとは・・・

これからはこれで決まりだなwww

続いて炙り

皮と身の間の油が絶妙に美味い!

炙ることで香ばしさも出てかなり美味い!

上1列の白っぽい身が熟成真鯛。

下の2列が前日にホタルイカパターンで釣れた黒鯛の刺身です。

食べ比べたけど圧倒的に真鯛の勝ち!

黒鯛も全然美味しいレベルなんだけども、やはり真鯛は別格w

しかも熟成させたからなおさら。

黒鯛も炙りで比べてみた!

上の皿が黒鯛で下の皿が真鯛。

皮の脂が多い真鯛の方が美味しいけど、これは黒鯛もなかなか良き。

鯛系は皮付き炙りが至高w

今回は黒鯛も結構美味かった!

真鯛はもちろん何をどうしても美味いw

いつも微妙な黒鯛が今回は結構美味かったw

その理由は?

多分コレやろうなぁ・・・

やはりベイトはホタルイカだった模様w

そのせいか、内臓が全く臭くなかった!

海藻や貝類を食べてるような黒鯛は内臓の匂いが強烈に磯臭い。

(ワイの過去に釣ってきた経験による)

多分この黒鯛は魚やホタルイカをたくさん食ってきた個体なんだろうなぁ・・・

その証拠にコレ!

前歯が牙状に発達している個体は、ベイト食ってる可能性が高いと思われます。

(内臓が臭くないヤツ)

逆に前歯の尖っていない、すり潰し系のダンゴ状の歯が発達している個体は海藻や貝類食ってる可能性が高いと思われます。

(内臓が臭いヤツ)

※当社比による

ワイがそこそこ捌いてきた経験から、そんなイメージがあります。

もしたくさん黒鯛が釣れたなら、リリースする魚を歯で選んでみてはいかがでしょうか・・・!?

あと・・・

メバルも捌いてみたけど案の定食ってますなwww

このサイズですら2匹食ってたw

そらホタルイカルアーに高反応なのわかるwww

そしてこのメバルもやっぱり美味かったのである。

肝を湯煎して包丁で叩いて醤油に溶かして刻んだ大葉を散らして刺身と一緒に・・・

ワイが思うに、この時期富山で

ホタルイカパターンで釣れる魚は基本的に美味い!

これは間違いない。

イカ食ってる魚は不味いワケがない。

今は黒鯛が釣りやすいモードなので、美味しい魚を求めて富山湾に足を運んでみてはいかがでしょうか!?

※マナーや駐車場や近隣住民とのトラブルには十分配慮して楽しんでください。

もちろん魚はキッチリ〆て持ち帰ろうね!

ワイはこの道具使って〆てます。

動画の後半でナイフと神経〆のワイヤーを使ってます。

ちなみにこんなタックル。

ナイフはスッパスパやし、ワイヤーは使いやすいし。

これで〆るとやはり違う。

魚屋の魚より一段上になるw

美味しく食べる為の道具として持っておいた方が吉ですよ!

ポチってくれたら嬉しみが深い・・・

ではまた!

【鯛ラバ】初の真鯛!【オフショア】

ワイ将3連休の最終日、釣りに行ってきた!

今回は地元のツレの船でオフショア釣行。

風が強いのがちょっと気になるけども・・・

この日は予報で風速7〜9m

朝の数時間だけは打てそうなのでどうなるのか!?

暗いうちから出撃!

明るくなってきたぐらいにポイント到着。

すでに風は強くなってきている・・・

もうちょっと強くなったら白波立ってきてプレジャーボートだとヤバイレベル。

できるうちにできる釣りを!

ツレともう一人のゲスト(Y君上級者)はジグを落として反応をみる。

ワイは・・・

小さいジグのアシストフック忘れた!

なので鯛ラバを落とす。

80gの大きめのヤツ(どこのなんて鯛ラバかは忘れた。シマノだった気がする)を落とす。

風が強いのでドテラであっという間に流されていく。

なので同じ80gでもシルエットの小さいヤツに付け替える(Mariaのやつだった気がするが忘れた)

鯛ラバを落としてボトムに着いたらすぐに巻き上げる。
(この時モタついてボトムを転がしてしまうと鯛に見切られます)

ハンドルを20回転ぐらいさせて誘いあげる。

そこからまた落とす。

再度20回転ほど巻き上げる。

『なんかえらい潮聞いてるところ入ったなー』


って思った瞬間・・・

ギギギ・・・

いや、これちゃうわw

ひったくるようなアタリ。

割とキツめのドラグがギリギリ音を立てて滑る!

『あ、なんかやばそう』

瞬時にいい魚をかけたことを理解したワイ将、ドラグを半周緩めるw
(ノット組んだのがいつだったか忘れる意識低い系釣り師のワイw)

頭も振るしロッドは下に叩くし、これは真鯛か?

丁寧にやりとりしてなんとかキャッチ!


なかなか太い立派な真鯛をなんとかキャッチ!

ワイ将、初の真鯛なのであるw

写真撮ってイケスに泳がせて・・・

なんやかんやしてたら船の揺れでだんだん気持ちわるくなってくる・・・

風も出てきて波も上がってきてるし・・・

我慢しながら釣り再開!

ESO『やぁwww』

立派な立派なESOなのであるw

この後ワイ将船酔い悪化につき、ダウンする・・・


アネロン飲んだけど体調のせいなのかやたら気持ち悪い。

吐くまでには至らなかったものの、釣りは続行不能で寝るモードにzzz

これ(アネロン飲んでなかったら)ヤバかった(吐いてた)な。

かなり揺れが激しいけど、ツレとY君はやたらと強い。

やはり慣れも必要か・・・

アネロンは効くけどそりゃ万能ではないよねw

この真鯛が釣れた後30分だけ、他のメンバーもアタリが出た模様。
(ワイは寝てたのでわかれへん)

ツレは立派なカサゴとキジハタが釣れたけど写真は無い。
(全部船酔いのセイセイ)

この後湾内に戻りながら打つけど全然釣れない(ワイは稼働してない)


結論

全長5mほどのプレジャーボートで風速5m以上は厳しい。

今回風速7mだったし、限界に挑戦してみたけども・・・

自然相手にナメてたら危険な思いするな・・・

今後は気をつけねば!

で、ちょっと早めの撤収をして反省会。


定番のすしべんwww

石川県民(能登地方)のソウルフードw

家に帰ってから、獲物を捌く!!

胃袋は何も入ってなかった。

まだ発達途中の卵は少しだけあった。

乗っ込みはもうすぐそこまできてるカンジですな!


今回も熟成行きの刑に処す!

今回の処置は・・・

・鱗をとる
・エラと内臓をとる
・血合いも歯ブラシでキレイにとる
・洗って水分を拭き取る
・ハラにキッチンペーパーを詰める
・表面もキッチンペーパーで巻く
・キッチンペーパーの上から新聞で巻く
・できるだけ空気を抜いて冷蔵庫にIN

これで5日ぐらい経ってから食べようと思う!

こんなカンジでペーパー詰めてやりました。

新聞で包んでビニール袋に入れて冷蔵庫。

真鯛を捌いて食べるのは初だから超楽しみであるwww

食べたら感想をUPしようと思うのであった・・・

真鯛の引きにもしなやかに、且つパワフルに対応してくれた万能ロッドはこちらです。
PE0.6号、リーダー3号のラインシステム。
エギングロッドだけど、メバルプラッギングとかチヌトップとかオフショアにも使ってますw

あ、もちろんエギングも快適にできるやで!

ロッドが軽いから疲れにくいんや!

オススメするやで!

さぁ次はいつ釣りに行こうか?

ではまた!