魚を美味しくいただく為にどう〆る?手順と方法

ワイ将、先週のジギング船で釣れなかった。

釣れなかったけど、たまたま乗り合わせた前の会社の後輩から魚をもろた!

これやで!

ヒラメとブリのちっこいやつ。(全国的にはワラサ?)

60cmあるなしぐらいのやつ。

ってかこの後輩君、デキる男やw

しっかり〆てあるwww

ヒラメも頭にナイフの跡とエラも切ってあるw

ワラサも尻尾とエラは切ってあるし、神経〆の形跡まであるw

さすがですなwww

ちなみにこのワラサのベイトは・・・

5〜6㎝のイワシ系の魚。

もしかしたら小さいジグが良かったんかな? 

ちょいちょいTG系のイエヤスとか使っててんけどなぁ・・・

ほんでヒラメのお話!

これがクッソ美味かったんやが!

美しい身ですわw

ワイ将、砂の釣りをしないモンだからこんなサイズのヒラメを捌くのは初である。

ヒラメのベイトも細かい魚的なカンジ。

ちょっと失敗したけど、初めてにしてはまずまずといったところか。

結構満足な出来www

エンガワもそこそこ取れましたw

これを二日間寝かせてみました。

食してみたけどまぁ普通に美味い。

そんなに驚きはなかったけど・・・

もう半身を4日寝かせてみたところ・・・

クッソ美味ぇwww

たった2日伸びるだけでこんなに変わるもんかってぐらい違う!

水っぽさが抜けて旨味が凝縮したと言う表現が正しいのか!?

盛り付けは雑ですが味は間違いない!

家族も美味い美味いと言うて、一瞬で無くなりましたw

こんなに美味い白味を食べたのは初!

そう言うレベルw

ここで解説

この刺身が口に入るまでにやった事。

それを順に解説していこうと思いますw

魚が釣れました!(ヒラメの場合)

1、魚を〆る(脳天〆、神経破壊、エラを切って血抜き)
2、氷で冷やして保管
3、自宅で捌く(ヒラメなので5枚に)
4、皮まで剥いでキッチンペーパーで巻く
5、その上からラップを巻く
6、ドリップが出るので、毎日キッチンペーパーを交換する
7、4日後に食す
8、ウマー(*´Д`*)

今回はこの手順で食べるまで進めました。

年末にあんまり釣れなかったオフショア釣行で、釣り上級者のもっくんがテキパキと魚を〆ていたのでその様子をご覧ください。

雰囲気だけでも伝われば幸いです・・・

この動画内でも字幕で解説してますが、〆方の方法を説明します。

ここでは小魚に限って簡単に〆てますのでご理解ください


魚が釣れました(根魚とかの小型魚)

1、ナイフで脳天を刺す(キレイにキマると口が開いてグエー(’A`|||)ってなれば正解)
2、エラを切る
3、海水につけて血抜き

根魚系の小型魚はこれで十分ですw

本来なら1匹ずつキレイに〆たらええんでしょうけど、手返し悪いので・・・

そしてワイは〆る時にはこのナイフをつこてます。

スパイダルコ

このナイフ、何がイケてるかって言うと。。。

1、切れ味がすごい(鯛系の硬い頭の骨も一撃貫通)
2、本体が小さい(折り畳んだらどこのポケットにでも入る)
3、サビにくい
4、硬い鋼材なので長切れする(切れ味が持続する)

ホンマおすすめするやで!

美味い魚を食べる為の投資や!

切れる刃物は持っておいた方が、美味い魚に変身させやすいやで!

釣った時に〆る作業性も上がるから1つでええから持っておくとええやで!

みなさんも 美味しい魚を食べれますように・・・

初心者が遊漁船に乗ってわかった事5選

ワイ将、初めて遊漁船に乗ってきた!

今までお金払って船で釣りをした事がなかったので良い経験になると思って行ってきた!

今回は近所の釣り好きの人に誘われて行ってきた。

この日乗ったのは福井は三国の・・・

ブルーズ丸!

この日は満員御礼で12人の乗船でした!

青物ジギング便で出船しましたが・・・

結果から言うとワイは青物釣れません!

一緒に乗った相方は1本のみ。

写真に乗ってた8人と写ってないもう一人の9人が釣ってました。

竿頭で3〜4本。

船中で15本程度・・・

まぁ渋い日でしたワ・・・

ワイはなんとかボウズは回避できたけど。

30cmチョイのレンコダイが1つ・・・

他にも写真撮る気すら失せるようなESO(大)が1つ。

¥13000の立派なレンコダイをご覧ください(憤怒)

渋いよ、渋すぎるよKUSOが!

釣れなかった理由がなんとなくわかったので記録してみる。

オフショア初心者目線で申し訳ないけども。

初心者目線で感じた事を書いてみよう。

1、準備は抜かりなく!
2、周りのお客さんと仲良く!
3、オマツリは結構あるから注意!
4、船長の指示には素直に従うのが吉!
5、情報は盛ってある事があるので要注意!

順番に深堀してみよう。

1、準備は抜かりなく!

この日、天気は雨でした。
ワイは初の遊漁船で浮かれてしまい、レインの下を忘れてしまう大失態。
奇跡的に相方がレインをもう1セット持っていたのでレンタルできたけど、帰る頃にはビチャビチャに濡れて酷かったやで・・・
持ってなかったら確実に風邪ひいてるか、途中で船室で震えてたかどちらかやで・・・

船酔いが酷い人はあらかじめ酔い止めを飲んでおく。
(アネロンがオススメです。副作用で滅茶苦茶眠くなりますが船酔いするよりはるかにマシです)

2、周りのお客さんと仲良く!

特に横と反対側の舷のお客さんとはコミュニケーションとっておいた方が吉。

理由はオマツリした時に気まずいから。

されても気まずいし自分の仕掛けが絡んでも気まずい。
何より仲良くなって悪い事はあれへん!

3、オマツリは結構あるから注意!

これは思ったよりあった。
ワイはオマツリさせたら気まずいと思って気を使ってたけど、周りは案外気を使わないのが多い。
この日は朝イチが地合いだったようで、その時にオマツリ食らって大打撃やったやで・・・
この日4回食らったんや・・・

そんで色々試して思った事。

オマツリはかなり回避できます!

ワイから絡んだ事は無いと思っとるやで!

ちなみに絡ませない方法

1)ジグを水中で何回も落とさない。
手返しは悪くなりますが、確率の高いゾーンを 抜けたら一旦回収する事である程度は回避できます。
何度も水中で落としている人はオマツリ率がかなり高いw

2)ジグの重さに注意する。
あまり軽い流されるジグを使うと絡みます。
ドテラ流しの時、船の下にジグが入っていく舷のアングラーは特に 気を付ける。
回収をマメにしないと反対側の舷にいるアングラーと絡みます。
ジグが沖に出ていく舷のアングラーは割と自由度が高いです。
しかし釣れた時はモタモタしていると魚が走って他のアングラーの仕掛けと絡みます。

3)キャッチするのに苦労するような弱いタックルで挑まない。
上とカブるけど、魚を無駄に走らせないようにするために魚に合わせたタックルを使う。
細いライン、弱いタックルは好ましくない。

4)ジグを落とすタイミングを隣の人とズラす。

これだけ注意すればかなりのオマツリを回避することができます。

地合い中にオマツリするとかなり地獄やで!

ワイはこれで地合いを逃したw

4、船長の指示には素直に従うのが吉!

朝イチ、ポイントついて1流し目

船長『今日は天気が悪いので水中で目立つグロー系が良いと思われます。』 

ワイ『ほーん、まぁ何でも釣れるっしょ』(ハナホジー)

他のお客さん『船長ヒットォー!』

船長『あ、やっぱりグロー系のジグですねw』

その後渋いながらも釣れる魚のジグの半数以上はやはり・・・

グロー系

ワイ『じゃあワイも使うし』(震え声)

しかしもう地合いが終わり、後のフェスティバル。

その後は追加できんままという・・・

結論

船長の言う事は素直に聞け

これはワイが全て悪いw
素直に聞けないヘソ曲がり根性が災しとるw
人生で損するタイプやで気をつけようと思う(白目

5、情報は盛ってある事があるので要注意! 

あとでネットでブルーズ丸の記事を見て感じた事。

ちょっと盛ってるねw

 別に船長を否定するわけでも無いけど、ネット見たカンジやと結構釣れた的な雰囲気が伝わってくるけども・・・
その当日なんて、そらもう悲壮感漂ってたやで・・・

竿頭で3〜4本て、渋いのど真ん中やろw

商売上、釣れる可能性が高い船に乗りたいとは思うのはお客さんの常やけども。

でも!

あの船長、『お客さんに釣ってもらわねば!』って言う気持ちはヒシヒシと伝わってきたやで!

渋い中ソナーや魚探で釣れんかったら、ナブラを探して少しでも確率高いところまで船を走らせてくれたりしてたんや・・・
最後の方は移動につぐ移動やったけど釣らせたいって気持ちが全面に出た結果の行動やったと思うやで!

あと地合い中にオマツリしたら外しにきてくれたりとかめっちゃ感謝やで!

しかも外すのめっちゃ早いしw

さすがプロやなwww

結論は全体的にええ船長やったと思うw

次も乗る事あればまたお願いしたいと思うやで!

以上!遊漁船初心者が感じた5つの事でしたw

まだ遊漁船に乗った事ないニキとかの参考になれば幸いやで!

ちなみに唯一釣れたレンコダイの時に使ってたジグはこれやで!

また行こうと思うw

少しでも誰かの参考になれば嬉しみが深い・・・